イベント制作、CD/DVD制作、タレントブッキングなど、芸能を総合プロデュースします。

フロムサウンズ

札幌市中央区南3条西20丁目2-20 第21藤栄ビル
電話 011(623)3223 / FAX 011(623)3226

  • エンターテインメント
  • ミュージック
  • プロモーション
  • スクール
  • 新着情報
  • ブログ

トップページ > 作曲家:宮西豊

宮西豊

  ■宮西豊オフィシャルサイト

・1950年より内田富二氏に師事。 1957年北海道放送局に入社、アコーディオン奏者として世に出る、その後編曲・指揮を担当する。

・1965年に作曲活動に専念。

・1967年に作曲家としてデビュー、代表作には、ヒット曲に「函館ブルース」がある。

・1991年にユジノサハリンスク市に移住。

・2007年2月にユジノサハリンスク市クラッシックカメレオンオーケストラの指揮に立ち、自作の曲を発表。

・2008年にサハリンと北海道の「こころ開いて」と「永遠の友よ」を発表し、現在に至る。

・2008年9月13日に、ユジノサハリンスク市名誉市民受賞、外国人としては二人目の受賞になる。札幌刑務所篤志面接委員として、50年間音楽指導にあたり、現在に至る。

宮西豊


NEWS

心ひらいて
「こころ開いて」
米沢先生から頂いた詞を読んだとき思わず胸を打たれたこの曲は、サハリンで暮らすようになってから感じる、日本への想いを込めて作った曲です。
ロシアの人達の、家族や仲間達との絆の強さを目の当たりにし、最近日本から届く親子や友人間での殺人やいじめ、自殺などの暗いニュースに接するにつけ、暗い気持ちになってしまいます。
「なぜ日本はそんなふうになってしまったのか。」「もっと心を開いて、お互いの絆を強くもてたら・・・・・」そんな気持ちを込めて、じっくり聞いていただける曲に仕上げました。

「永遠の友よ」
1991年ユジノサハリンスク市に移住し、ホテルのレストラン勤めをしていたころ、レストランで歌っていた女の子がいて、日本語を教えたり、歌のレッスンをしてあげていました。
たまたま「こころ開いて」のレコーディング打ち合わせのため訪れたボニージャックスさんの事務所で、そこにもロシアの女性がいて、チタ市の音楽学院を卒業しているとのこと。
「間違いない!」と直感し、早速会わせてもらったところ、やはりホテルのレストランで歌っていたエカテリーナでした。 この曲は、サハリンとの経済友好10周年の年、運命の出会いをした彼女のために書いた曲です。
日本とロシアの絆が、ほんの小さなきっかけから深まっていくことを、心から願いながら。

作品集